プロフィール

黒騎士B

Author:黒騎士B
Clan: Reboooooot (仮)
Class:大佐4
SD:1.2
AVA歴:2011年3月~

最新トラックバック
訪問者
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブ垢クラン脱退

サブ垢の所属するクランを先日脱退した。
きっかけはほんの些細な事であるが、それまで我慢していたことが堰を切ったように流れ出し、自分では止められなくなってしまった。
それをぶつける元気もなく、クラン管理画面からそっと脱退ボタンを押した。
クラメンとのVCで自分が最後に発した言葉は恐らく、「萎えた・・・」という一言。
このつぶやきに気付いたクラメンは恐らくいなかったのではないかと思う。(または、その行為を行った本人は気づいていたかもしれない)
色々な理由を書くと脱退したクラン内でも揉め事になるであろうし、ここはおとなしく身を引くことにした。

普通はこういった経験から、人付き合いのバランスを学ぶのであるが、今回の自分の行動はクラメンに何のフィードバックもしていないので、何だかわからんが勝手に抜けて行った自分勝手なやつという事になっていると思う。

それでいい。

今回の件で自分なりに再認識したのは、クラン運営の難しさである。
リア友クランなら問題にならなかったことでも、面識のない相手の素性もよくわからないメンバーが集まって長い時間一緒に活動する過ごすことになるクラン活動では、今回のように問題になることがあるのだ。
堅苦しくなるかもしれないが、やはり最低限のルール作りをクラマスが打ち出し、オフィサーがそれを規律し、クラメンはそれを理解した上で活動する、という枠組みは最低限必要だろう。もし、クランを長らく存続させていきたいと考えるならば。

その点、手前味噌ではあるが、Osh4Ntyはきっちりとしていたと思う。(解散してはいないが、ほとんど活動休止状態)
自分はこの先クランを作ることがあるかわからないが、もしあったとしたら、恐らくは最年長になるであろう自分がそういったことを率先して調整していきたいものだと思った。

何にせよ、例のSDが低いアカウントはこれで野良になってしまった。
マッチに行っても、蹴られる蹴られるw
どこか、サブ垢でもいいよ!ってクラン、入れてくれはせぬか?

っと、もう一つのサブ垢が入っているクランはRSTに出よう!とかいう、結構活動はよくやっているクランで、こっちがしばらく忙しくなるかも?
でも、そういうガチ系ではなく ゆる~く できるクランを探しているのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。