プロフィール

黒騎士B

Author:黒騎士B
Clan: Reboooooot (仮)
Class:大佐4
SD:1.2
AVA歴:2011年3月~

最新トラックバック
訪問者
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くSDを...

私のサブ垢、諸事情によりSDが現在0.6付近である。
異常に低いSD、実は下げ部屋での放置の結果で、自ら望んでのことだったが、最近この異常に低いSDを何とかしなければならないと痛感している。

それは、野良マッチでの出来事。

傭兵の要請に応えて入室 → メンバー戦績等確認 → 十分なメンツと確認できたためReady → 強制退場

ということが頻発するのである。

戦績自体は勝ち越し(とは言っても750勝690敗程度)。そして、最近は野良ではそこそこの順位を取ることが多く、フラグトップも結構な頻度であるため、少なくともksメンバーとはならない自負がある。(ここまで育ててくれたクラメンには再度感謝!!!)
一度など、SD下げであることを説明したにも関わらず、「それにしてもそのSDww」と一蹴される。

もう一度言おう。
ww
である。

確かに、野良で戦績、SDしか判断材料がない状況のため、自分でも同じ対応をするだろうと考えられる。
「SD、戦績なんぞは飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。」とは言ったものの、実際にそのように考えてメンバーに加えるにはあまりにも酷いSDなのである。

もう一つのアクティブサブ垢は、SD1.4以上が維持できているので、実力的にはその辺りにあるということは想像できている。
さぁ、どうしたものか・・・
そこで、手っ取り早くSDを上げるために夜な夜な未満部屋にこもって、AIM調整といい聞かせつつ、SDを上げるのである。

まてよ。今のキルデスは???
と確認したら、なんとキル約10000 デス約20000!

えーっと・・・SD1.0に戻すには少なくともあと数千のポイントを稼ぐ必要がある!!!

ということで、今後はSDが1付近に回復するまで、時間があればあげ部屋にこもることにした。
放置によるユーロ稼ぎが実質有効ではなくなったことと、放置自体が禁止行為として厳しくチェックされるようになった現状で、上げ下げ部屋がどの程度あるのか不明だが…

一番手っ取り速いのはSDリセットか…
サブ垢に課金するのも気が引けるが、周りに迷惑をかけない一番の方法かもしれない。

と色々と検討している所である。
スポンサーサイト

にびに

勇んで始めたブログが三日坊主で放置になっている黒騎士である。

所属クランが過疎化しており、このブログも更新意欲がわかなかったわけである。
原因は、マスター及びオフィサーの本業多忙による活動低下と、クラメンの流出(TERA勢へ)のためである。

しかし、鬼のような業務進行に反して、息抜きとしてやるには十分すぎるほどAVAを楽しんでいる俺ガイル。
ということで、もっぱらサブ垢活動に専念しているところである。

AVAを始めたころ、そしてこのクランに入ったころ、AVAやCWの右左もわからない状況で、たくさんの情報を集め、指導を受け、振り返るとそこそこの腕前になっている自分が見えた。
指導いただいた各位には大変な恩義を感じており、そのため、なかなか過去を捨てきれないところもあったが、ここら辺りで一度身辺整理をする必要もあろうかと感じている。

さて、ブログの方は、特にこだわりを持たなければ、ネタは豊富にあるため、今後はできるだけ多くのチラ裏をかいていこうと思う。

昨日の出来事
私は、普段、AVAあんてなさんのリンクより各プレイヤのブログを確認することが多い。
特に更新頻度が高いブログはどのようなブログでも楽しく拝見している。
昨日は、マッチでArcAdiAのクラマスと出くわしたため、全チャではあったが、いつも楽しく拝見していることを伝えた。(もちろん、サブ垢であった。とはいえ、黒騎士名だったわけだが・・・)
その後、クラメンが煽りだした訳で・・・正直この対応には萎えてしまった。
基本的に相手がよっぽど酷い煽りをしてこない限り、煽りに対しては非常に嫌悪している私であり、このような行動に対しては、本当に「ドン引き」になってしまうのである。
後程、NoIRさんには謝罪チャットを送っておいたが、その対応は極めて紳士的であり、やはりクラマスたるものこういった方ではないと・・・と思った次第である。
色々と考えさせられる出来事ではあった。
とはいえ、この垢での私の行動も決してほめられたものではないのだが、それについては後々・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。