プロフィール

黒騎士B

Author:黒騎士B
Clan: Reboooooot (仮)
Class:大佐4
SD:1.2
AVA歴:2011年3月~

最新トラックバック
訪問者
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず、夜な夜な集まってマッチ活動を続けているOsh4Ntyである。
一時、大増大したクラメンも大方が脱退し、現在は公式ページに残っているメンバーのみとなっている。
それでも、数人の良いクラメン加入を迎えられたことについては、良かったと考えている。

さて、以前から書いてきたクラメンの底上げであるが、現在、マップごとの攻めと守りのパターンを決めてマッチを重ねる方向で底上げを考えているところである。
これについては、実施前から既にいくつかの問題が判明しているものの、代替案も無いため、しばらくはこのスタイルでやっていくこととなると思う。
これをやることで陣形やセットプレイについてはある程度形が出来てくることが予想され、ずいぶんと底上げはある程度出来ると考えている。また、情報共有については、以前作成したOsh4Ntyの別ブログ等を通して配布することになると思う。

こういった面はいわば戦略的な部分である。
一方、チームの勝利のために必要となる重要な要素がある。
個人的な技術力である。いわゆる個人レベルのAIM力であったり、状況判断である。
当クランでは、この点はそれほど重要視していないと普段から話はされているが、それでも、ある程度の力は必要であることは再認識いただきたい。
陣形は固くとも、守る(攻める)戦士が敵兵に弾をあてることが出来なければ意味がないのである。
そもそも、陣形はある程度のレベルで敵を倒すことができる事が前提で作られているため、簡単に拠点を制圧されてしまうようなことがあれば、かなりの痛手となる。
この点については、時間が許す限り磨いておくべき能力であると考えている。(もちろん、時間の許さないクラメンもいるだろうし、そのあたりは臨機応変に)

というのも、昨日このことを実感させられることを体験した。
自分の殲滅力の低さによる負け試合が続いたのである。
こういう時に、自分をリセットできるようにしなければならないが、個人の精神状態にも非常に左右される。
何か気になることが常に頭にある状態だと、恐らく反射神経が1テンポ遅れているのである。
もちろん、レティクルの置き場所や、移動時の走る場所、歩く場所の判断。よるかどうかの判断。集中時の周辺状況の把握のためのリスニング、クラメンの報告の理解なども影響があり、すべてが1テンポ遅れている事はよくわかる状況であった。
自分の調整がその場で、少なくとも数試合のうちには出来るようにしたいと実感した出来事であった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。